ものぐさ主婦の家しごと

掃除下手の掃除道具  

先日は家の10年点検でした。もう10年経つんだな~。
はやいものですね。


床下、屋根裏など、すべての部屋に入るとのことなので
いつも手を抜いている場所もこの日ばかりはお掃除を
頑張りましたよ!


DSC_3297.jpg


ちなみにいつもは簡単に掃き掃除と掃除機がけがメイン。
掃除機と箒とチリトリのセットはどちらも2つあります。

物を減らしていても掃除道具を増やすその理由は、
思いたった時にすぐに掃除が出来るようにする為!!

我が家は玄関を挟んで、パブリックスペースとプライベート
スペースの2つにわかれていて距離が少し距離があります。
※小さい家ですが、人間が面倒くさいと感じる距離、20歩
くらいはあるので…

掃除用具を取りに行くのが面倒だから後でなると、つい放置
してしまう性格なので各スペースに1セットづつ置いてあると
いうわけです(;'∀')


マキタは2代目。最初に購入した物はパワーがなくて買い替え
ました。コードが嫌いなので、どちらもハンディータイプです。
この手の掃除機はパワーのあるものだと重くなるのがネック…


掃除にくらべて箒は本当に手軽です! 音もしないので時間を
気にせず使えるのもいいですね。

こちらの箒とチリトリは猫部屋専用。猫トイレの砂は掃除機だと
つぶしてしまうので先に箒でとりのぞきます。
100均で購入した、このチリトリとゴミ箱が一体化した物がなか
なか使い勝手がよくて気にいっています♪


DSC_3298.jpg


同じく100均で購入した、こちらのミニ雑巾もおすすめ↑
今までの雑巾って大きすぎるのですよね~。ありそうでなかった
商品です。乾くのも早くて使用後の手入れも簡単になりました。

そう、掃除の何が苦手かといったら、この掃除道具の掃除!!
楽しようと購入したルンバも、ルンバ自体の掃除が面倒でやめた
過去が💦(初期のタイプです。今の物はだいぶお手入れしやすく
改良されたそうです。)

そんなわけで、ちょっと割高ですが、使い捨てタイプの商品に頼る
ことも多いです。

ゴム手袋も使い捨て。こちらは使用した後に、乾かす為に吊るして
おくあの見た目が嫌だったので…ふだんの食器洗いはゴム手袋を
使用しないので、トイレ掃除とか、強めの洗剤を使う際のみ使用。

他にはカーペットやソファの掃除にも役立ちます。軽くこすると摩擦
で掃除で取りにくい細い猫の毛などがとれるので便利ですよ(*^-^*)



スポンサーサイト

category:

tb: --   cm: --

夏のインテリア  

DSC_2854.jpg


ルームスタイリスト(模様替えの資格)1級を取得してから
少しづつ家のインテリアを見直してしています。

新しく購入した物もありますが、手持ちの物をいかして。
スリッパラックを籠にかえただけですが、玄関がすっきり
しました(*^-^*)

暑さで花持ちが悪いので、夏はグリーン頼み。見た目も
涼やかです♪ コバノズイナの枝は形がよかったので、
白い花が枯れた後も飾っているのですが、根がでて、
かれこれ2ヶ月もっています。1本300円くらいで2ヶ月も
楽しめるなんて、とっても経済的!


DSC_2856.jpg


ベッドの位置を変えたついでに、いままでピッタリくっつけ
ていたベッドを離して配置したら、これが寝やすい!
暑さがこもらないし、振動が伝わらないので快適です。

いつも見慣れた部屋がちょっと新鮮(^^♪ なんとなく最近
マンネリだな~と思ったら、部屋の模様替え、おすすめ
ですよ。



category:

tb: --   cm: 0

自分の好きを再発見!  

DSC_2782.jpgDSC_2783.jpg


今日こそは!と、ずっと先のばしにしていた床の水拭きをしました。
家具がないと、やっぱり掃除が楽だな~。

久しぶりに床を意識して眺めました。家を建てる時に、こだわった
無垢の床。

※本当はもう少し幅広のタイプがよかったのですが、その時は無垢の床を選ぶほど種類がなく…


そういえば、先日のルームスタイリストの講座の中でビジョンマップ
を作ったのですが、無意識に集まった切り抜きに多くみられたのが
床の写真!

確かに、インテリアが素敵だな~と思う時にみていたのは、床をみる
ことが多かったかも。わかっているようで、気付いていない自分の好き
が、人と話して言語化したり、ビジョンマップで見える化したりで、より
はっきりと気づくことができました。



掃除のついでに、絵や観葉植物の飾り方や位置も見なおししました。
自分の家がもっと好きになるように、少しづつ手なおししていこうと
思います。


ちなみに、床の状態はお片付けを外注する目安にもなります。
物に覆われて床がみえないようならば、ご自分でやるより人の手を
借りることをおすすめします。


お片付けサポート時には、ご要望があれば一緒に模様替えのアド
バイスも致します。気になる方は是非一度お問い合わせ下さい(*^-^*)



【お問い合わせ先】  nrp42666@nifty.com








category:

tb: --   cm: 0

最近の家づくり   

先日お邪魔した、お客さまの新居の完成見学会。
こだわりのつまった、とても素敵なお家でした(*‘∀‘)✨

家づくりも、昔とはずいぶん違ってきましたね。
夢のマイホーム!憧れから、快適に暮らす為の空間へ
「家」そのものの定義が変わってきていると感じます。


DSC_2489.jpg


間取りも違います。単世帯、そして共働きのご家庭が
増えた為、より効率的に家事ができるような動線を考慮
した間取りが主流。

家事の1つである洗濯。
脱衣所を広くとって、洗濯からアイロンがけ、そして衣類
の収納までできる洗濯室も新しい間取りの1つ。

先日のお客さま宅も共働き。小さなお子さんもいらっしゃる
ので、家事の効率を考え、ガス乾燥機を導入。干す手間も
はぶけるし、天気を心配することもないのもいいですね。

洗濯を干すスペースが必要なくなったぶん、バルコニーは
外リビングのような寛ぎの場所に(^^♪

室内干しだからバルコニーは不要というお宅もあれば、
寛ぎのバルコニーとゴミ箱や洗濯物を干す家事スペースと
してサービスバルコニーと2つ設けるお宅もあったり、必要
な空間設備はさまざまです。


空間だけでなく、設備も。今は当たり前になった食洗器も
使わない(乾燥機だけ使う)という方も結構いるそうです。
我が家も食洗器に対応していない食器が多いので最初の
頃はあまり使用していませんでした。
※今では気にせず使っていますが💦 傷はつきます…

人気だから、皆が持っているからではなくて、本当に自分に
家族に必要な設備、スペースかを是非一度考えみて下さい。








category:

tb: --   cm: 0

家づくりに失敗しない為に!  

今週末は昨年新居の収納提案をさせて頂いた
お客さまの完成見学会! お客様と建築家さん
のご厚意で私もお邪魔出来ることになりました。
あの図面がどうなったのか?自宅の完成以上
にワクワクしています(*^-^*)


201204130922178aa[1]


自宅の設計にかかったのは10年前。まだ知識も
とぼしく、アドバイザーの資格も取得前でした。
今だったら!と後悔している部分も多々…そんな
思いをお客さまにはして欲しくないと、収納診断で
は、収納だけでなく、自宅の失敗談を含む家づくり
のお話もさせていただいています。

昨日も、家づくりで後悔してる部分をお話したら
興味を示して下さった方がいたので、これから家
を建てる方の参考になればと今日は我が家の失敗
例を少しご紹介(;´∀`)


その1つが書斎スペース。
これは当初予定はしていなかったのですが、ご主人
の部屋も是非!とハウスメーカーさんからすすめられ
そんなものかと取り入れましたが…いらなかった。

お客さまのお宅でも、友人知人の家でも、使っている
書斎はみたことがありません!

主寝室と予備室の両方から入れる作りにしたのは、
家を建てた当時、家族の人数が定まっていなかった
ので。子供が出来た場合は書斎を子供部屋のクロー
ゼットとしても使えるようにフレキシブルな作りにした
のがせめてもの救いです。

家を建てる20代後半~30代は、まだお子さんの
人数がはっきりしていない方も多いので、子供部屋
は悩む方も多いですよね。予測が出来ないので難し
いですよね…

でも、だからこそ、ガチガチに固めずにフレキシブル
な部屋作りも必要になるかと思います。



DSC_2295.jpg


さて、不必要だった我が家の書斎。
現在は造り付けの本棚を作ってもらい小さな図書室に。
猫達もお気に入りの場所になりました♪

本が好きで、書斎部分は当初は図書室の予定でしたが
周りの意見に流された結果、書斎になったのです。

自分の家とはいえ、初めてのことなので、わからない部分
が沢山、つい不安になって周りの意見に従ってしまった
結果、後悔しました。
※逆に、反対にあいながらも意見を通した場所は今でも
お気に入りです♪


家づくりで1番反省しているところは、こんな風にまわりに
流されてしまった(自分達の意見がはっきりしていない、
または共有できていない)ことと、最後までモチベーションが
保てなかったことにつきます。

家づくりは長丁場なので、だんだんとテンションも下がって
きて、もうどっちでもいいやとなってしまうこともありました。

でも、当たり前ですが、完成した家にはその後何十年と住
むのですから、これから家を建てる方は、是非、妥協せず
に頑張っていただきたい!

そして、自分の意見は最初からあきらめず、建築士さんや
メーカーの設計さんに伝えてもらいたいと思います。

実際に暮らすのは自分達。他の人がやっていなくたって
いいのです。構造上無理なもの、予算の関係ももありま
すが、相手はプロです。こちらが思いつかない代案が
出てくるかもしれません。

なんとなく、納得したふりをしてやりすごさないで理想の
マイホームを手に入れて下さいね(*^^)v



category:

tb: --   cm: 0