ものぐさ主婦の家しごと

House of Finn Juhl Hakuba 体験記!!  

今回の旅の目的はこちらのホテル『House of Finn Juhl Hakuba』

ホテルの名前にも入っている、建築家&プロダクトデザイナーの
フィン・ユールの家具を体験できるホテル。
半年くらい前に雑誌でみて、雪が溶けたら行く!と早速予約。

いろんな雑誌で紹介されていたので、心配していましたが、
外国人のスキー客をメインにしているからなのか?オフシーズン
のこの時期はすんなり予約がとれました。


DSC_3615.jpg


入ってすぐのサロンスペースからもう素敵空間✨ 興奮しすぎて
写真が曲ってしまいました(*_*;

チェックインをしている主人をよそにヒャーヒャーいいながら写真を
撮りまくる私…かなりうるさいお客だったと思います。反省。


DSC_3641.jpgDSC_3636.jpg


幸いにも、私達の他はもう1組だけだったので、泊まる部屋以外にも
みせていただけましたよ♪

その部屋で使用されている家具の名前が部屋の名前として使われて
いるようです。チーフテンチェアにペリカンチェア、ジャパンソファetc。

部屋数は5部屋?と少ないですが、共有分が贅沢にとられた館内。
ドアや床など、インテリアも素敵でした。


DSC_3625.jpgDSC_3626.jpg


私達が泊まった部屋はフランスチェアが置かれたフランスルーム。
フランスチェアが試せるのは館内でもこの部屋だけとのことでラッキー。
部屋を指定して予約される方も多いそう。

コンパクトなベッドに(ツインとダブルから選べる)シャワールーム。
アメニティ―も最小限とシンプルなお部屋。ベッドが小さい?と思いまし
たが、180㎝弱で普通体系の主人も特に問題なかったそうです。

そんなに広さもないですが、天井が高く、ゆったりと過ごせました。

木枠の窓から眺める緑もよかったですが、オーナ-さんいわく、もう
少し早ければ桜も楽しめたそうなので、次回は春かな~。


DSC_3613.jpg


こちらはダイニングルーム。朝食はこちらでいただけます。(夕食は無し)
壁かけ時計に、トレイまでフィン・ユール!


DSC_3654.jpg


地下にはバーもあり、夜は蝋燭をともしてまた違った雰囲気に。
地元のワインやビールとチーズやドライフルーツなどのおつまみを無料
で提供してくれました。

でも、そちらよりも興味深いのが、オーナ-さんのお話。家具好きな方
にはたまらないと思います。かなり遅い時間までおしゃべりしていく方が
多いそうですが、病み上がりだったので早々に退散。残念…


「椅子はベッドと同じです。ベッドで寝返りを打つように、 椅子もまた座って
いても自由に姿勢が変えられるようで ないといけない。 だからひとつの
姿勢でしか座れない椅子は間違っている」

フィン・ユールの言葉を教えていただきました。フィン・ユールの椅子は
とても座り心地がよく、長い時間座っていられます!

今まで、フィン・ユールの家具はデザイン重視なのかと勘違いしていて
(あの曲線とか)同じデンマークのデザイナーだと、アルネ・ヤコブセンや
ハンス・J・ウェグナーの家具のほうが、シンプルでいいなと思っていまし
たが、実際に使用してみて、もうすっかりフィン・ユールの家具のファンに
なってしまいました♡ いつか欲しいな~。


DSC_3646.jpgDSC_3644.jpg


そして、このホテルのいいところは、暮らしの中で家具を試せること。

ショールームなどで家具を試すといってもほんの一時。しかも値段が
値段なのでおっかなビックリ(@_@) とても寛げません…

こちらは館内のいたるところに名作チェアがなるので、いろんな椅子
を気軽に試せました。あのジャパンソファに寝っ転がるなんて、
とても家具屋さんでは出来ない体験もできました。

また、すぐにでも泊りに行きたい、本当に素敵なホテル。次はいつ?
中部横断自動車道はやく開通して~。


スポンサーサイト

category:

tb: --   cm: --

長野旅行  

週末、1泊で長野に行ってきました。

なんだかんだ、結婚してから夫婦で毎年行っているけど、
松本クラフトフェアに行かなくなってから、安曇野にくるのも
久しぶり!10年ぶりくらい?

山頂にまだ残る雪で頭を白く染めた山々を背景に、色とり
どりの花花が咲き、芽吹いたばかりの新緑の木々ととても
きれい✨


DSC_3603.jpg


安曇野といえば、nagiさん。久しぶりすぎて、この道でいい
のかと不安になる山道…(最初は迷いました(*_*;)


DSC_3605.jpg


木々のトンネルを抜けて無事、到着。自分の運転では
絶対むりだな💦 あいかわらず、素敵なお店です。


DSC_3607.jpgDSC_3608.jpg


また、店内の什器が素敵で!お土産を包んでもらって
いる時間に店内の写真をとらせていただきました。
可愛いラッピングも、ありがとうございました♪


お次は白馬、今回の旅の目的地へ続く…


category:

tb: --   cm: --

倉敷旅行記  

26230890_2005460563003194_1574788126904873880_n[1]26229305_2005460599669857_6445255196316868339_n[1]


年末年始の旅行に行けなかったかわりに、週末1泊で
倉敷に。美観地区、とっても素敵な所でした!
様々な様式の建物をみているだけでも楽しい♪

旅館から大原美術館のチケットをいただいたので、
散策がてら寄ってみる。(右の写真) 本館、分館など
3つの建物にわかれているのですが、工芸・東洋館が
よかったです。※児島虎次郎記念館は閉館したそう。

この地区はこちらの大原美術館の閉館時間にあわせた
お店が多いようで、店じまいがどこも早い!お正月あけ
で観光客が少ないこともあるのか?16時には閉店して
いるお店もありました💦


26231320_2005464546336129_7189695844020516023_n[1]26220050_2005464573002793_4647643152524056265_n[1]


そんなわけで早々にお宿へ。
今回のお宿は美観地区にある「旅館くらしき」さん。

江戸時代の建物や蔵など改築した和風の老舗旅館。
館内もお庭(夜はライトアップされます)も素敵✨ 


26230969_2005464663002784_3848380647738988666_n[2]26238941_2005464636336120_7713054120903318415_n[1]


料理旅館というだけあって、お料理もおいしかった
のですが(器も素敵でした)建物の構造上ちょっと
寒かったです…(お部屋は大丈夫ですが、離れの
お風呂まで行く廊下とか)

まぁ、この日は年に1、2度しか氷をはらないという
美観地区を流れる川に氷がはった日だったので
特別寒かったのかも(;´∀`)

いいお宿だったので、また泊まってみたいけど、
今度はあたたかい時期に行きたいな。


26230046_2005462566336327_5338297825624509709_n[1]26734174_2005462603002990_8096761096162628026_n[2]


移動に時間をとられ、滞在時間が短かったので
メインの美観地区以外はほとんど寄ることが
出来なかったけど、旅先恒例のカフェと雑貨屋さん
巡りも少しだけ。

三宅商店さんの水辺のカフェ。川沿いにあります。
※川側から写した写真は逆光でボツ。

川沿いに桜の木が植えられていたので春になった
ら桜をみながら、カウンター席でお茶したい♪


写真右は、Ryokuさん。器や雑貨のお店です。
シンプルながら、センスのいい物が並んでいました。
岡山の作家さんの靴ベラを自宅のお土産に購入。
ちょうど探していたもので、いい旅の記念にもなり
ました(*^-^*)

※写真はありませんが、カフェと雑貨(器)屋さんと
いえば美観地区にある林源十郎商店さんもおすすめ!



category:

tb: --   cm: --

秋のプチ旅行 湯河原&おまけで熱海  

気持ちのいい季節になってお出かけ日和ですね。

3連休、特に予定はなかったのですが、来月計画
していた旅行に行けなくなってしまったので、無理
やりこの連休にねじこみました。

連休とあって、行きたいお宿は連休中どこも満室
でしたが、湯河原の石葉さんは連休前日の金曜
だったらお部屋を取れたので、主人が仕事を終
えた夕方、静岡を出発。

1時間30分ほどで到着。
十五夜のすぐ後だったので、月見台のついた
お部屋を予約したのですが、あいにくの雨でお月
さまはみれませんでした(;´Д`)

でも、床の間には満月が描かれたお軸。
館内の設えもお月見をイメージしたススキに
お団子、うさぎの置物など雰囲気を楽しめました。

あきらめていた露天風呂も蛇腹傘をさしながら
入れました。なかなか出来ない経験で楽しかった
です(*^-^*)


お風呂にお部屋、接客どれもよかったのですが
なんといっても食事がよかった!!


食い意地がはった夫婦なので、お金を払って
いただく料理はけっこう辛口。でも、こちらの
お宿のお料理は本当においしかったです。



DSC_3064.jpg


八寸。盛り付けもきれい✨


DSC_3073.jpg


器も素敵です。特注のお椀は蓋の裏まで可愛
らしい柄が描かれていました。



DSC_3069.jpgDSC_3068.jpg


我が家では湯飲みとして使っている花岡隆さんの
器には新蕎麦が。こういう使い方もあるんですね~。

他にも松茸とはもの土瓶蒸し、強肴には蓮根が
そえられ、最後の御飯は栗ご飯と秋の味覚が満載!

はじめた食べた、子持ち鮎の塩焼きもこの季節だけ
のメニュー。どれも本当に美味しかったです。


懐石やフルコースはお腹が一杯になってしまうこと
が多いのですが、量もちょうどよく、最後まで美味しく
いただけました。


もちろん、朝食も美味。 また、行きたいお宿です。


DSC_3107.jpg


翌日は晴天。
チェックアウトが遅めなので、朝風呂に入ったり、
お部屋でゆっくり、のんびり。

せっかく湯河原に行くなら買って帰りたいと主人が
いっていたパン屋さん だけ寄って帰路へ。

帰りは熱海ビーチラインを利用しました。
晴れた日に海沿いを走るのは気持ちがいいですね♪
(私の運転は怖いらしく、助手席専門ですが)

予定にはなかったのですが、せっかく通り道だし、
お天気も回復したのでアカオハーブ&ローズガーデン
に寄りました。

お目当ては先月オープンした隈研吾氏設計のカフェ
『COEDA HOUSE』 太平洋を一望でき、絶景です!

こちらではパティシエ世界大会で第3位に輝いた、
藤井幸治氏プロデュースのスィーツがいただけます。
タルトフロマージュを店内、バウムクーヘンをお土産に
購入。花より団子💦







category:

tb: --   cm: 0

週末ふらり箱根旅  

今週末は松本のクラフトフェアに久しぶりに行く予定でしたが、私の風邪
の為中止…でも、週末、体調もだいぶよくなった&主人もせっかく休み
をとっていてくれたので、どこか近場にお出かけしようと土曜日の朝、
思いたって急きょ箱根へ。


DSC_2683.jpg


気になっていたお宿 『 NEST INN HAKONE 俵石閣 』さんへ。

澄んだ空気と緑の木々、野鳥のさえずりに包まれた「ネスト(=巣み処)」
新緑の季節で緑がまぶしいくらい!最高のロケーションです。


DSC_2665.jpg


FREE BIRD CAFE

レセプションを兼ねたカフェ(夜はバー)。淹れたてのスペシャリティ珈琲
は滞在中無料で楽しめます。


DSC_2668.jpg


「箱根に”巣まう”という豊かさ」の提案するとい新しい滞在の形が特徴的。

シンプルなお部屋ですが、森をモチーフにしたリトグラフや照明器具など、
随所にこだわりがあって心地のいい空間。今まで訪れた宿の中で1番
好きなインテリアかも。ここに住みたい~。


DSC_2684.jpg


すべての部屋の窓から見える四季折々の自然の景色。
寝室の窓からも緑が。ホワイトとグレーのカーテンも品がよくて素敵♪


DSC_2682.jpg


FREE BIRD

お部屋以外もインテリアが素敵で!解放的なテラスが目の前に広がる
レセプション棟。夜はまた雰囲気をかえます。焚火で焼きマシュマロの
サービスなんかも楽しい(*^_^*)


DSC_2678.jpg

bird bath

その名のとおり、浴場に向かう緑のトンネルではやかましいくらい鳥の囀り
がきこえました。(季節柄、かえるの合掌も)

内風呂は大湧谷から直接ひいた濃厚に白濁した源泉&いい香りのする檜
の露天風呂。部屋数が多いので混雑が心配でしたが、タイミングがよく
昼も夜も貸し切りでした。



DSC_2699.jpg


BABYLON BIRD BAKERY

鎌倉の「パラダイス・アレイ」とのコラボレーションによる天然酵母パン。
レストランの食事もこちらのパン。2月に鎌倉に行った時には売り切れで
買えなかったあんパン。まさかこんなところで出会えるとは!
もっちもちの生地に、クランベリーかな?を混ぜ込んだあんこがたっぷり。
お土産に買って帰りました。

ただパンはおいしかったのですが、レストランの食事はもう少し頑張ってほしかったです…


今まで、箱根というと、新緑というより紅葉のイメージでしたが、本当に緑が
たっぷりできれいで、気候も涼しく過ごしやすく避暑にもってこい。
わざわざ那須とか軽井沢までいかなくても十分楽しめました。なにより近い!
自宅から1時間半弱(休憩もして)で付くので伊豆より早くて楽でした。
(午後にでて、午前中に帰ってこれたので、日帰り気分です💦)

仙石原なので、すすきや紅葉のシーズンもいいかも。その時は暖炉のある
部屋に泊まりたいな~。




category:

tb: --   cm: 0