ものぐさ主婦の家しごと

家づくりに失敗しない為に!  

今週末は昨年新居の収納提案をさせて頂いた
お客さまの完成見学会! お客様と建築家さん
のご厚意で私もお邪魔出来ることになりました。
あの図面がどうなったのか?自宅の完成以上
にワクワクしています(*^-^*)


201204130922178aa[1]


自宅の設計にかかったのは10年前。まだ知識も
とぼしく、アドバイザーの資格も取得前でした。
今だったら!と後悔している部分も多々…そんな
思いをお客さまにはして欲しくないと、収納診断で
は、収納だけでなく、自宅の失敗談を含む家づくり
のお話もさせていただいています。

昨日も、家づくりで後悔してる部分をお話したら
興味を示して下さった方がいたので、これから家
を建てる方の参考になればと今日は我が家の失敗
例を少しご紹介(;´∀`)


その1つが書斎スペース。
これは当初予定はしていなかったのですが、ご主人
の部屋も是非!とハウスメーカーさんからすすめられ
そんなものかと取り入れましたが…いらなかった。

お客さまのお宅でも、友人知人の家でも、使っている
書斎はみたことがありません!

主寝室と予備室の両方から入れる作りにしたのは、
家を建てた当時、家族の人数が定まっていなかった
ので。子供が出来た場合は書斎を子供部屋のクロー
ゼットとしても使えるようにフレキシブルな作りにした
のがせめてもの救いです。

家を建てる20代後半~30代は、まだお子さんの
人数がはっきりしていない方も多いので、子供部屋
は悩む方も多いですよね。予測が出来ないので難し
いですよね…

でも、だからこそ、ガチガチに固めずにフレキシブル
な部屋作りも必要になるかと思います。



DSC_2295.jpg


さて、不必要だった我が家の書斎。
現在は造り付けの本棚を作ってもらい小さな図書室に。
猫達もお気に入りの場所になりました♪

本が好きで、書斎部分は当初は図書室の予定でしたが
周りの意見に流された結果、書斎になったのです。

自分の家とはいえ、初めてのことなので、わからない部分
が沢山、つい不安になって周りの意見に従ってしまった
結果、後悔しました。
※逆に、反対にあいながらも意見を通した場所は今でも
お気に入りです♪


家づくりで1番反省しているところは、こんな風にまわりに
流されてしまった(自分達の意見がはっきりしていない、
または共有できていない)ことと、最後までモチベーションが
保てなかったことにつきます。

家づくりは長丁場なので、だんだんとテンションも下がって
きて、もうどっちでもいいやとなってしまうこともありました。

でも、当たり前ですが、完成した家にはその後何十年と住
むのですから、これから家を建てる方は、是非、妥協せず
に頑張っていただきたい!

そして、自分の意見は最初からあきらめず、建築士さんや
メーカーの設計さんに伝えてもらいたいと思います。

実際に暮らすのは自分達。他の人がやっていなくたって
いいのです。構造上無理なもの、予算の関係ももありま
すが、相手はプロです。こちらが思いつかない代案が
出てくるかもしれません。

なんとなく、納得したふりをしてやりすごさないで理想の
マイホームを手に入れて下さいね(*^^)v



スポンサーサイト

category:

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret