ものぐさ主婦の家しごと

家族に物を手放してもらう時、心掛けていること  

なかなか気温が定まりませんね。衣替えも中途半端…

それでも、連休中に主人の洋服の整理をして、だいぶ
クローゼットの中がすっきりしました♪


DSC_2985.jpg


私が勝手に判断できないので、自分以外の人の持ち物
の整理は大変です。


そんな作業をスムーズに終わらせる為に気をつけている
のが下記の3点⇓ 


①タイミングをはかる


ただでさえ、やりたくないこと(この場合は整理)朝の忙しい
時間、余裕のない平日に頼んでもまず無理なので、時間に
ゆとりのある休日などを選んで声掛けをします。


②声のかけ方


「片付けてよ!」 
これでは相手はどうしていいかわかりません。
どうしてほしいのかを具体的に言葉にします。

今回は、クロ―ゼット内にもう少し余裕をもたせたかったので
ここ数年袖を通していなかった服を手放してもらうことが目的。

「これ最近、着ていないけど、どうする?」

とききました。捨てていい?とはききません。あくまで相手に
判断してもらいます。


※ちなみに「全部残す」と言われたら、全部残します。

ただ、そのままクローゼットには戻しません。
押し入れに設置してある衣装ケースに(一時保管BOX)まとめ
しまっておきます。そして、時間をおいて、また声かけをします。
これは相手が手放す決心をするまで続けます。
ゴルフのセットは5年かかりました…



③事前準備


ちょっとした空き時間、機嫌の良さそうな時、タイミングをいつ
でも活かせる用に事前準備も大事!

今回は見直しして欲しい服を1ヶ所にまとめて見やすいように
スーツは埃よけのカバーをはずして、畳み服は平置きにし、
一目で何があるかわかるように配置しました。

そして、休日の予定を話しあう段階で事前に
「この連休中に服の見直しをしてほしい」ということも軽く伝えて
おきました。

連休中~など、期限に少し余裕をもたせると共に、いつまでと
リミットも決めておきます。「いつでもいい」はNGです。



結果、今回残したのはトップス1点のみ。
スーツ3点、普段着のトップス8点、ボトムス3点、靴下15足分
を整理することが出来ました。所要時間は5分。

このうちの半分くらいは昨年、一昨年もきいて残しておいた服
だったので、ちょっと数が多いですね。

整理した洋服は、昔は近くにリサイクルショップがあったので
持ちこんでいたのですが、今は近所にないし、買い取り価格も
数百円程度、持ちこむ手間、時間を考えると面倒なので、
洋服専用の回収BOXへ。
24時間OKなので、すぐに処分できて助かっています(*^-^*)


スポンサーサイト

category: お片付け

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret