FC2ブログ

ものぐさ主婦の家しごと

片付けを「ママの仕事」から「家族の仕事」へ!  

22815642_1974653346083916_4482269746558773200_n[1]


物が置きやすい腰高のダイニングテーブルは
つい、物を置きがち、散らかりやすい場所です。

そんなダイニングテーブルを1日の終わりに
リセット。寝る前に片付けておくと、翌朝気持ち
よく1日をスタートできます(*^-^*)

小さな片付けがもたらす、大きな効果!
そんな効果をいち早く感じてくれるのが小さな
お子さま達。

お片付けサポートに伺うお宅は、小さなお子さん
のいるご家庭が8割ほどをしめます。

お子さんのお悩みで多いのは就学前の小さな
お子さんのいるご家庭では沢山のおもちゃ。
学校に行くようになると、教科書、工作など紙物
の管理などなど。使うのはお子さんだけど、管理
はお母さんがされているケースがほとんどです。


確かに、小さなお子さんに沢山の物を管理したり
片付けやすい仕組み(収納)を1人で作るのは
難しいですが、使った物をもとにもどすという単純な
片付けはお子さんでも大丈夫ですよ♪


お片付けサポートでは、お母さんにお子さんの行動
導線なや性格どを伺いながら、お子さんが片付け
やすい仕組み作りを一緒に考えながら行います。

結果、お子さん自分で片付けられるようになった!
物が散らからなくなったというお声を多くいただいて
います。

そして、きれいに片付いた空間はやはりお子さんも
嬉しいようで、家にかえってきてダンスでその嬉しさを
アピールしてくれた小さな可愛い男の子や、ちょっと
反抗期にさしかかった?お姉ちゃんも「ママもやれば
出来るじゃん」と評価。

あるご家庭では、お片付けサポート後、お子さんから
の片付けチェックが厳しくなってしまったそうですが💦

でも、こうして片付けをお子さんや、そしてご主人にも
ちょっと意識してもらって家の片付けに参加してもらえ
たらなと思います。


子供が、夫が、片付けてくれない!とのお悩みの方は
多いですが、ママ目線のみで、家族が使い辛い、収納
場所がコロコロかわる(情報の共有がされていない)
などが原因の場合もあります

ママが1人でかかえこまないで、家は家族で過ごす場所
だから「ママの仕事」から「家族の仕事」にしてもらえたら
嬉しいなと思います。


スポンサーサイト

category: お片付け

tb: --   cm: --