ものぐさ主婦の家しごと

Quality of Life  

今年に入って、家族が体調を崩したのをきっかけに
自分のあまりの無知さを痛感し、先月から介護の
勉強をはじめました。

昔ながらのお世話をするというのが介護のイメージ
でしたが、今の介護はだいぶ違い、高齢者がただ
長生きするだけでなく、健康で自立した生活を送る
為のサポートといったところでしょうか?

その指標となるのがQOL(Ouality of Lifeの略)で
「生活の質」と訳され、その人らしく満足して生活
しているかを評価するものです。

では、生活の質をあげる為には何が必要か?
それは「生きがい」なのかなと思います。



320[1]



先日観た映画『モリのいる場所』

画家の熊谷守一さんの映画です。守一さんは
自宅(庭)から30年間外に出ず過ごしたとか。
他の人からみたら、つまらない生活かもしれ
ません。でも、守一さん自身のQOLはとても
高かったと思います。

その証拠に、映画の中で守一さん(94歳)が

「生きることが好きなんだ。」
「もっと生きる、もっと描く」

と言っていました。今の自分が94歳になった時
同じセリフはきっと言えないと思います。

奥様をはじめ、周りで支えてくれる人がいること
も大きいと思いますが、やはり、絵や書をかくと
いう生きがいがあるから、こんなセリフが言える
のかなと思いました。


DSC_3686.jpg


私の生きがい↑


スポンサーサイト

category: 日々

tb: --   cm: --