ものぐさ主婦の家しごと

017 システムを作る 本棚編  

④


我が家の小さな図書室。
昨日はこちらの整理をしました。10冊処分。本の整理はとっても簡単♪ 
それはシステム化されているから!

下段にある2つの籠、ここに読まなくなった本をまとめているのでこの中
を整理するだけで終了です。

2つあるうち1つは雑誌用。もう1つは文庫などの本。
雑誌はほぼ整理。どうしても手元に残したい記事はスキャンするか量が
多いときは雑誌をそのままとってきます。

以前はそのページだけ切り取って、時間がある時、ファイルしようと残して
いたのですが、結局そのまま^^; 見返すこともなかったのでこの方法は
私にはあわないとやめました。

ちなみに雑誌は独立して立つのが難しいので、ファイルケースにいれて、
「お片付け」「旅」など内容ごとラベリングして管理してあります。


本は寝る前にベッドに1冊持ち込むので、何を読もうか毎日何冊か手に
取ります。もう読まないかな…と思った本は籠へ。
籠がいっぱいになったら古本屋さんに売ったり、本棚のあるカフェにひき
とってもらったり。

最近は図書館も利用するし、どうしても手元に残しておきたい本だけ残す
のならば、もう少し減らすこともできるのですが、この本のある風景もすき
なので、ほどほどで。




51e3PokrJlL[1]



昨日、本屋さんでみかけて気になっている本。まずは図書館をチェックして
みようと、まだ買っていません。『整理のコツはもたないこと』 その通り。
Reuse、Recycleの前に、Refuseが大事。不要な ものは買わない!家は
ゴミ箱ではないのだから…片づけをするようになって、買い物の仕方も
変わりました。

消費者だけの意見ではなく、売るほうだって商品を大事に使ってほしいと
いう思いは同じ。今日、目に留まったScopeさんの記事。忘れないように
抜粋して覚書き↓


お届けしたいのは物ではなく、その先にある生活です。
長く使え、すぐにゴミになってしまわない道具を、北欧中心に一つ一つ大事にセレクトしています。



++おまけ++


図書館で借りた本は、同じ本でも本棚に戻せないので、専用の籠を玄関に設置。
目に付く場所に置いてあれば、返却遅れもありません^^



DSC00986.jpg



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: --