ものぐさ主婦の家しごと

衣替えのついでにクローゼットの整理収納  

お片付けでお困りの箇所、女性はやっぱりクローゼットの収納。
好きな物はどうしても増えてしまいますよね。

女性の洋服の保有数は2007年のデーターで 260着だそうです。
※セミナーで270着と言ってしまったかも…すみません!!


DSC03143.jpg


アイテム数そのものを絞ることは、もちろん有効です。小物で変化。
スカーフやアクセサリー、私はこの春気になったギンガムチェックを
つけ襟で取り入れてみました^^ シンプルなグレーのカーディガン
もガラッと雰囲気が変わります。



PA085877[1]


でも、数を減らさなくても収納方法で収納量を増やすことも可能。
引き出しの中は立てて収納することで、重ねて収納するよりも
沢山のお洋服が収納でき、どんな服があるかぱっと見わたせて
便利です。 

そんな立てる収納を手助けしてくれるのが、ブックエンドや無印さん
の不織布収納用仕切りケース。 


4548718182824_400[1]
※画像お借りしています。



ハンガーにかけて収納する場合も見わたせることが大事。
1つのハンガーに重ね掛けしていませんか?


ハンガーを揃えることもおすすめです!肩の位置が揃うのでスッキリ
みえますよ。

我が家ではイケアの木製ハンガーを使用しています。木製のハンガー
は服に優しいけれどハンガーに厚みがあるので沢山かけたい方には
スリムなハンガーがおすすめです。


MAWAハンガー → 


きっちきちに収納すると、服もこすれて傷むし、洋服を取り出し
にくい(ということは、しまうのも大変)といいことなしです。

探しやすく戻しやすくするには、ゆとりが必要。空間の20%が
目安です。これはクローゼットだけではなく、他の収納場所でも
同じ事がいえますね。見せる(飾る)収納だったら、もう少し多く
とって30~40%の余白を残すと見せたいものが生きてきますよ。


衣替えのこの季節、是非一緒にクローゼット収納も見直して、
スッキリした気分で4月からの新しい季節をお迎え下さい。



スポンサーサイト

category: お片付け

tb: --   cm: --