ものぐさ主婦の家しごと

ワークトライアングル!  

先日、整理収納アドバイザーの仲間と先輩の家に遊びに行
かせて頂きました。

建築家さんに建ててもらったという素敵なお家は住んでもう
20年になるとか。住まいも長く住むとどうしても物が増えて
しまいがちですが、物が少なくて本当にすっきり!!

独立したお子さんの部屋も、もちろん物置状態になることが
なく、収納の中身も余裕があって…まさに私が目指す引き算
の暮らし。また、物が少ないと殺風景になりがちですが、余白
を引き立てるように草花を設えられていて、とても素敵なお住
まいでした。


DSC03389.jpg


いたるところにさまざまな工夫やこだわりが詰まったお宅ですが
なかでも目をひくのがキッチン。まるで入居したてみたいに
すっきり片付いていますね! 
昨今のキッチンといえば家電製品も増え(レンジにオーブントースター
炊飯器にホームベーカリー、珈琲メーカーにジューサーにフードプロ
セッサーと本当にさまざま!)台所の「台」の上を占領しがちですが、
少数精鋭、必要なものだけをコンセントの近くの収納に収めて、使い
終わったら戻すひと手間ですっきりした空間を保たれていました。

そういえば、以前京都の旅館に泊まった時も、部屋に似つかわしくない
TVを私達が到着してから押し入れから出して設置してくれました。

ちょっと手間だけど、コードに埃がつくこともないし、(普段こまめに掃除
しているお宅はコードに埃なんてつかないかしら^^;)空間を広くつかえ
見た目もすっきりしますね。


また、キッチンの家事導線でよく耳にするのが「ワークトライアングル」
ワークトライアングルとはキッチンの作業のポイントになる、冷蔵庫、
コンロ、シンクの3つを結ぶ作業動線のことです。
これがバランスの取れた距離で配置されていると効率よく作業が
進められると言われています。そんな手法を取り入れた作業しやすい
ちらのキッチンでお茶やおいしいランチを作って下さいました。
Yさん、Mさん、ご馳走さまでした^^




スポンサーサイト

category: お片付け

tb: --   cm: --