ものぐさ主婦の家しごと

「知っている」と「分かる」「出来る」は違う!!  

春休み中、お友達親子とおでかけする計画があり
お子さんがいて忙しい彼女にかわり、お弁当作りを
かってでました。

お子さん向けに、1度作ってみたかったキャラ弁を。
焼きそばとウインナーが好きとのことだったので、
それらを使って、試作品第1号、名付けて
『強い子!ライオン弁当』 まゆげで強さをイメージ。


DSC_0734.jpg


キャラ弁、知ってはいたけれど、実際にやってみるとこれが
なかなか難しい!おかずは簡単なものばかりだからいい
のだけど、上手くつめられない…せっかくハート型に切った
卵焼きもつぶれてしまい残念なみために(;´∀`)

久しぶりにカニウインナーも作ってみましたが、今はいろんな
切り方があるんですね!これも知らなかった~。

大人のお弁当とは別ものですね。ぶっつけ本番でやらなくて
よかった!世のママさん達は日々忙しい中、本当に上手に
お弁当作ってらっしゃいますよね。尊敬しちゃいます☆


知っている出来るは違いますね。
実際にやってみて、はじめて分かることがあります。

お片付けのセミナーなんかでも、「分かっているんですけど・・・」
という言葉をお客さまからきくことがあるのですが、でも本当に
分かっていたら「出来る」はず。

「分かっている」けど「出来ない」ではなく、「分かっていない」
から「出来ない」のだと思います。

実際は「分かっている」ではなく、「なんとなく知っている」と
いう感じかな? 大人になるとこういう物事多くなりますよね。

「分かる」は、この「なんとなく」といったもやっとしていた部分が
はっきりした時にはじめて使える言葉。

私も「分かったつもり」で実際にはやったこと、経験したことが
ないことがまだまだ沢山!実行して、「出来る」ことを増やして
いきたいな(*^_^*) 




スポンサーサイト

category: お片付け

tb: --   cm: --