ものぐさ主婦の家しごと

視覚マジックでスッキリ!  

見せる収納が好きです。
見せる収納のいいところは、わかりやすいこと。
私はしまいこむとすぐその存在を忘れてしまうので💦

ただ、隠せないので、見せ方が大事です。

人の情報収集は視覚からの割合が断トツ!
説によって数値に違いがありますが、70%~90%
といわれています。

同じような広さの部屋で、同じような物の数でも家具
の置き方など物の置き方で印象は全然違ってきます。


DSC_1296.jpgDSC_1299.jpg


見せたくないものは死角を利用して。

引き出しの中などにしまい込むと、使う時に取り出すのが面倒。
でも、そのまま出しっぱなしでは目にうるさい…

そんな時は視線をはずしてみて下さい。

写真右下のラップやホイル。よくつかうので出しっぱなしが楽
だけど、見た目が…そこで、低い位置にラップホルダーを設置。
キッチンとリビングの境に腰壁があるので来客時も目に付くこと
はありません。

お子さんが学校からもちかえるプリントを冷蔵庫の正面に貼って
あるご家庭も多いですが、目につきやすい冷蔵庫の正面ではなく
側面に場所をかえるだけでもスッキリしますよ♪


他にも、収納グッズを使って、目から入ってくる情報、色や文字を
カットするなど、さまざまなポイントがあります。



DSC_1291.jpgDSC_1289.jpg


逆に見せたいものは、視線が行く高さを考慮して。

個々の身長、立っている時と座っている時でもかわりますが
立ち姿勢での視高は身長×0.9。平均としては150㎝くらい。
お気に入りのシルクスクリーンは入り口の正面に、この高さ
にあわせて飾ってあります。

アイキャッチ、フォーカルポイントなんて言葉をご存知あり
ませんか?注視点、これをつくることでメリハリのあるインテ
リアになります。


ただ、この視高だけでは不十分。全体のバランスも大事です。
左の写真では床と絵の間が空き過ぎて、なんだか間の抜けた
印象に。そこで床と絵の間に1つ椅子をプラス。

なんとかなく、しっくりこない時は一歩引いて全体のバランスも
考えてみて下さいね。

先日の勉強会ではこの飾り方について他にもいろいろ学んで
きましたよ。お客さまのお宅で、新しい知識を活かしていきたい
と思います。

実際のお片付けサポートでは、片付けだけでなく、ここには書き
きれなかったさまざまなポイントや、ご自宅にあった収納グッズの
ご提案もしております。

片付けはできるけど、なんだがしっくりこない…なんて方もお気軽
にお問い合わせ下さいませ(*^_^*)


★お問い合わせ先   nrp42666@nifty.com 


スポンサーサイト

category: お片付け

tb: --   cm: --