ものぐさ主婦の家しごと

「わける」  

お片付けの手順はまず、整理。
不要なものを取り除く作業からスタートします。

そして次は残った、必要なものを「わける」作業。
この「わける」もいろいろな方法があります。

例えば、カテゴリーごと。トップスとボトムスとか
使用頻度別だったり、一緒に使うものをまとめて
(グルーピング)わけたり。
どうしたら1番使う時に取り出しやすいか?を
考えてわけていきます。


DSC_1820.jpg


今日は主人がお通夜に参列するとのことで、
喪服などを準備。冠婚葬祭グッズは1つの
引き出しにまとめてあるので(グルーピング)
準備も簡単です。

祝儀袋を包む袱紗は以前はこちらのグッズ
と一緒にまとめていましたが、通夜や葬儀に
参列せずに、お香典だけ人に預ける場合も
あるので、今は祝儀袋と一緒に1つの引き出し
に収納しています。より使いやすくなりました。


先日のお客さま宅の作業では、サングラスを
旅行グッズのグループにまとめていました。
カテゴリー的にはアクセサリーでも良いの
ですが、サングラスを使用するのは旅行時
のみとのことだったので、お客さまがご自身で
判断して旅行グッズの仲間に。


また、別のお客さま宅で、お子さんも一緒に
おもちゃの片付けをした際は、ミニカーを
ままごとグッズの箱に。あれ?間違えちゃった
のかな~と思ったら、ドライブスルーごっこの
時に一緒に使うからとのこと。なるほど!
(おままごとグッズの中にはハンバーガーや
ポテト、店員さんがかぶる紙の帽子も(*^_^*)


「わける」は実際に使う人が使いやすい方法
が1番。皆さんもお片付けをする時は、自分に
あった、わけかた、是非考えてみて下さいね♪



スポンサーサイト

category: お片付け

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret