ものぐさ主婦の家しごと

ありがとう、チビ。  

今朝、チビの夢をみました。

チビがこの世を去って、もう3週間と少し。泣く回数は
減ったものの、毎日思いだしては、涙して、会いたい
抱っこしたい、せめて夢でもいいから…とずっと思って
いたのに、どうしても夢をみれなくて。やっと今朝夢の
中にでてきてくれて抱っこできました。

今日は私の誕生日です。チビありがとう。


DSC_0309.jpg


昨年末、12月21日にチビが逝ってしまいました。
※我が家に3番目に仲間入りした、唯一の雄猫。

12月に入って、食欲がないので病院につれていったら
白血病を発症していました。もって今月一杯。延命は
できても数か月と先生につげられました。

もともと野良猫で白血病のキープだったので、一緒に
暮らすと決めた時、永くは一緒にいられないことはわか
っていたつもりでしたが、1度山を乗り越えてからは、
本当に元気で、こんなに突然別れがやってくるとは思って
もいませんでした。

病院が苦手だったチビなので入院が必要な延命治療はせず
家で看取ることに決めました。

余命宣告された日は過呼吸になるかと思うくらい、それから
も毎日目が腫れるまで泣いてばかりだった私に対してチビは
食欲こそないものの、日課の爪とぎをバリバリ、家の中を動き
回り、日向ぼっこをしたり、一生懸命生きてくれました。
あいかわらず力強い目で(目力のとても強い猫でした)
もしかして、もしかしたらと…

食事をまったくとれなくなって10日。最後はやすらかにと
いうわけにはいかず、痙攣をおこして亡くなりました。
そばで、名前をよびながら体をさすることしか出来なかった
けれど、明け方でまだ主人も出勤前だったので、2人で最後
一緒に見送ることができました。

チビに伝えたいことはすべて伝えていたし、延命治療を選択
しなかったことにも後悔はありません。ただただ、そこに
いないのが悲しくて、涙が止まりませんでした。

私達は、子供がいないけれど、猫を子供がわりと思ったこと
はなく(猫のほうがよっぽど大人なので)動物を擬人化する
つもりもありませんが、でもやっぱりチビは大切な家族でした。

よく、「泣いてばかりいたら、心配で逝けなくなっちゃうよ。」
なんて言葉をききますが、チビをあづけた動物霊園の和尚さんは
「泣くことも供養になる。」と言ってくれたの、泣きたい時は無理
に我慢せず泣いています。今もこうして書きながら涙がとまり
ません。

猫缶をあける音にいち早く反応して、足元にすりよってきた食い
しんぼうなチビ。大好きな猫用おかかの袋の場所をおぼえて、大き
な袋を自分で引っ張りだしたものの、私と目があうと袋をおとして
何もしてません的にとぼけたり…すぐ手が出て要求がとおらないと
はたいてきたり。でも爪を出すことはなく、優しくて、人間臭い猫
でした。

書いては消したこのブログもやっと今日、UPすることができました。

年末だったので、いろいろあった予定も変更、自身も憔悴して体調
を崩したため、いろんな方々に迷惑をかけてしましましたが助けら
れました。皆さんありがとうございました。

何がおこるかわからない人生、悔いの無いように生きろと最後まで
チビに教えられた気がします。

享年4歳、一緒に暮らしたのは3年と数か月。短い時間でしたが幸せ
でした。チビも幸せだったらいいな。我が家を選んできてくれて本当に
ありがとう。

スポンサーサイト

category:

tb: --   cm: 2

コメント

チビはchihoさん達が最後まで一緒にいてくれて安心して過ごすことができたんじゃないかなあと思います。
最後の別れは寂しいけれど、今まで幸せな気持ちや笑いをもたらしてくれた、代わりのいない、かけがえのない存在ですよね。
うちもこれからですが、そういう関係になっていけたらいいなあと思いました。
寒い日が続いてますが、元気で過ごされますように。

URL | オオタコ #2oMqC0Wc
2017/01/15 21:17 | edit

オオタコさんへ

オオタコさん、ありがとうございます。
チビもそう感じてくれいていたら、いいなと思います。
先に逝ってしまったのは寂しいけれど、残して逝くの
も心配なので、見送れてよかったです。
チビとすごした幸せな思い出も残りますした(*^_^*)

タネンちゃんはお家に慣れましたか?
きっとオオタコさん家族に沢山の笑顔と幸せをふりま
いてくれていることでしょうね♪

この週末は本当に寒かったですね。寒さも本番、暖かく
してお過ごし下さい。

URL | chiho #-
2017/01/16 08:32 | edit

コメントの投稿

Secret